女子アナが社会をリポート!!

とある女子アナが自分の社会体験を元に、リポートしていきます。テレビでは伝えられないあんなことやこんなこと。社会は楽しいことやブラックなことであふれている\(^o^)/

女子アナ薄給説は本当か?

 

NHKの地方局で働く女性キャスターがパパサイトに登録していたことで

世間を賑わせました。

 

ではアナウンサーの給料は実際どれくらいなのか?

 

気になる方多いのではないでしょうか。

その全貌を大公開します。

  

キー局アナウンサー

フジテレビやTBSなどをはじめとするキー局と言われるアナウンサー。

その年収は1000万越えと言われています。

多いように見えますが、多忙で睡眠時間を削りながらの毎日です。

またタクシー代などでその大半が消えていきます。

スタジオの服は決まっていてもロケなどをするときは自前のものもあるので

そちらのことも気にしなければなりません。

 

準キー局アナウンサー

北海道や大阪などのテレビ局で務めているアナウンサー。

800万円以上といったところです。

女性でここまであればまずまずといっところでしょうか。

 

問題はここからです。

アナウンサーは何千倍もの倍率を潜り抜けなければいけません。

準キー局までに決まらずとも

地方局で頑張るアナウンサーも多くいます。

そういった地方局アナはどうでしょうか?

 

地方局アナ

500万円ほど。

もらっている方でこの年収です。

地方局の場合契約アナウンサーも多くなっていきます。

その場合は400万円程。

さらに、NHKの契約キャスターだとさらに下がって年収300万円ほどになります。

NHKの場合、度重なる不祥事によりキャスターの年収も最近上がったみたいですが・・・。

それでもまだまだ十分な年収とはいえないのではないでしょうか。

 

華やかな世界の中でも苦労しているアナウンサーが多いのも事実です。

どれだけ給料が少なくてもこの世界で生きていこう。

活躍していこう、と意気込み頑張っている姿を見て欲しいです。